脂肪を減らすには!分かりやすく例えてみました♪どうやって脂肪はなくなるのか。

脂肪の減らし方。

0 8,239

脂肪がなくなるには!!

ダイエットは科学です。

前にもこんな感じで書いたことがあるのですが、改めて書いてみようと思います。

 

脂肪はそう簡単にはなくなりません。

なぜなくならないのか。

わかりやすくお金に例えて書いてみます。

 

まず、物を食べると体にはエネルギーが入っています。

運動なり、食事管理なりでカロリーを減らしていくのですが、

(消費>摂取で痩せます)

その仕組みをお金に例えて。

 

まずお買い物をします。

どこからお金を払います?

とりあえず財布からお金を払うと思います。

財布=血液

まずは一番取り出しやすいところからエネルギーを取り出します。

気軽にポンっと払えるのが財布。

 

あ!財布が空っぽ!!

となったら皆さんが行くのはATMかな?

ATMからお金を出して支払います。

ATM=筋肉

まだATMならお金は取り出しやすいですよね。

筋肉は気軽にエネルギーを使えてしまうので、

対策を取らないと筋肉自体も小さく減ってしまいます。

 

あ、やばいATMが空っぽ!!

今月お金使いすぎたわ!!

となって次に使うのは、、、

株の解約!!

株もお金に変わりありません。

家財道具を売ってお金に変える!でもいいです。

株=肝臓

筋肉からエネルギーが取れなくなったら

肝臓に蓄積されているエネルギーを使います。

 

あーーーー!!!

もう何も売るものがない!!!

となって手放すのは土地。

土地=脂肪

土地を売るって相当ですよね。

身体にとって脂肪はそれだけ手放したくないものなんです。

土地が大きい人は簡単に少しずつ土地を売っていけるけど、

土地が少なくなってきたら中々手放しがたくなっちゃいますよね。

そして少しでもお金が入ったら、とりあえず土地を買い戻して広くしようとします。

 

脂肪は非常時に備えて生きていくための財産。

とにかく確保しておきたい。

少しでも広くしたい。

 

頑張って自分のサイズを小さくするのはとっても大変!!

↑の仕組みは大変なようだけど、過剰なエネルギーが身体に蓄積しているなら

ぜひとも少しずつ減らしてください。

健康のためにも。

 

今あなたがいるのは、ゆっくりと動く下りのエスカレーターの真ん中くらい。

普通の生活ではどんどん下に下がっていきます。

それが年齢を重ねるということ。

何か一つやってみて現状維持。

それよりも努力してやっと少し上に行ける。

加齢にあらがうというのはそういうことです。

がむしゃらに体重だけ減らして、健康を損なわないよう、

計画的に頑張ってください!!

<人気記事>

今日の育乳記録☆ナイトブラでバストアップはできる!バストマッサージ用のオイルも買いました♪

ムダ毛処理は何してる?簡単ワックス脱毛がオススメ☆セルフでのワックス脱毛はどんな感じか説明します!

- Advertisement -

Leave A Reply

Your email address will not be published.