夏野菜でダイエット!!薬膳から考えるダイエットと食養生♪

夏野菜はダイエットにピッタリ

0 845

 

薬膳には食養生という言葉があります。

 

食べ物によって、病気の予防や健康維持を目指します。

「食で命を養う」ということです。

薬膳が基本としている「未病」への対処。

本格的な病気になる前に適切な改善策をとることで、

病気への進行を食い止められる、という発想です。

そのため「薬食同源」「食養生」といった食での養生を大切にします。

 

健康に過ごすためには、毎日の食事はとても重要です。

高滋養のものばかり食べていたり、

疲労しているのにダイエットや多忙などのために適切な量とタイミングで食べなかったりすることは、

心や身体のバランスを崩す大きな原因になります。

 

 

ダイエットにおいても

食事8割 運動2割が

身体を作るために必要な割合になります。

 

身体は食べた物からできています。

 

理想の身体を作っていくダイエット、ボディメイクにおいて

食は重要視しなければならない第一の事です。

 

 

でも何を食べたらいいの???

どんな物がいいいの??

とりあえずタンパク質???

イマイチ分からない人も多いのではないかと思います。

 

そんな人は、、、、

 

季節の、旬の物を食べる。

それを一つのポイントとして考えていただくといいのではないかと思います。

 

・春の苦み(フキノトウや山菜)

冬の間にため込んだ脂肪や老廃物をスムーズに排出。

肝臓の働きを活性化させ、身体を目覚めさせる。

 

・夏の水分(きゅうり、トマト)

身体にこもった熱を取る。

水分をスムーズに排出させるカリウムも豊富。

脾胃の働きを高める食べ物。

 

・秋の潤い(大根、レンコン)

乾燥を中から守り、身体を潤す。

乾いた空気から肺を潤す。

 

・冬の温め(かぼちゃ、ねぎ)

体をなかから温め血の巡りよくする。

腎の働きを助け免疫を高めてくれる。

 

 

それぞれ旬の食材は身体に良い働きをしてくれます。

 

 

今日は

夏の野菜の健康ダイエット効果!!

 

夏の野菜は水分を多く含むので、量がある割には低カロリーだったりします。

水分も多く、夏に不足しがちなビタミン、ミネラルも多く含みます。

 

夏野菜で分かりやすい物だと、、、

トマト
高い健康効果や美容効果で注目されるトマトには、ダイエット効果もあります。トマトには脂肪を燃焼させる効果をもつ脂肪酸が含まれていることが最近の研究で発見されています。また、リコピンには血液をサラサラにして血流を良くする効果もあるため、夏に低下しがちな代謝を高めることにも役立ちます。

ナス
食べ応えがあって美味しいナスは、9割以上が水分なのでとても低カロリー。ダイエット中には嬉しい食材です。栄養価は低いといわれることが多いですが、ビタミン類やミネラル類、それに豊富な食物繊維を含んでいます。また、ポリフェノールが豊富なので肌のエイジングケアにも。

ピーマン
ピーマンにはβカロテンやビタミンCがたっぷり。不足しがちなビタミンをしっかりと摂ることができます。栄養価で選ぶなら、緑のピーマンより赤ピーマンの方がおすすめです。ダイエットに取り入れる時にはサラダにしたり野菜ジュースにしたりと生でいただくのがお勧めです。

オクラ
いろいろな料理に使えて低カロリーなのが魅力なオクラ。カルシウムやビタミンC、Eのほか、カリウムが含まれているためむくみ解消にも役立ちます。水溶性食物繊維の「ペクチン」が含まれていて、糖の吸収を抑えてくれる効果も。

アスパラガス
アスパラガスは緑黄色野菜で、新陳代謝を高めてくれるアスパラギン酸を多く含んでいます。

レタス
レタスには、糖質をエネルギーに変えてくれるビタミンB1が豊富に含まれています。

キャベツ
キャベツには、ビタミンCの他にもビタミンA、B1、B2、E、 K、ナイアシンのほか、ミネラル分も多く含まれています。

キュウリ
淡色野菜であるきゅうりは利尿作用が高く、むくみ解消にオススメな野菜です。

セロリ
セロリには、カリウムが含まれていて血流をスムーズにすると同時に塩分の排出を促進します。

ブロッコリー
ブロッコリーはビタミンCが豊富で、レモンの2倍、キャベツの4倍含まれています。また、たんぱく質の代謝を促すビタミンBも豊富です。

枝豆
枝豆は、脂肪の吸収を抑え、食べ過ぎを防ぐ効果があるのでダイエット効果の高い食材です。さらに、女性にうれしいイソフラボン、脂肪の吸収を抑制するサポニン、満腹感を得られる食物繊維などが豊富に含まれています。ダイエット効果だけでなく、美肌、便秘解消、ホルモンバランスを整えるといった効果も期待できます。

 

 

夏の代謝には水分が必須。

それに伴いビタミンミネラルも必要になります。

カロリー控えめで体調を崩さないよう栄養を摂るなら、

上手く野菜を取り入れ、

「薬食同源」「食養生」

として身体を労わりながら

ダイエット、ボディメイクを頑張ってみてください(*^-^*)

<人気記事>

青汁のダイエットと健康効果♪青汁を飲むタイミングや種類について

コンビニで選ぶダイエット昼食・ダイエットスイーツ・ダイエットつまみ!!おすすめダイエットコンビニ食!!

- Advertisement -

Leave A Reply

Your email address will not be published.