ダイエット中の食べ物の選び方。痩せる2択!

痩せる食べ物を選ぶ方法

0 4,766

 

昨日がカロリーについてでしたので、

今日は何食べるといいの?

について(^^)

 

<過去記事>

ダイエット

私の痩せるまでのダイエットレポート。自分に合ったダイエット方法を探すまでの道のり。

私のダイエット法!改めて食べるダイエットの注意点と考え方。きれいに楽しく美味しく痩せる♪

ダイエットの食事・朝昼夜のメニュー。どうすれば痩せるのかという根本的なこと。

痩せるために知っておくべき知識!体重、体脂肪について。これを理解してダイエットに役立てよう!

私のダイエット・身体を引き締めるトレーニング方法♪種目、時間、プロテインを飲むタイミングなど

今日の体形記録と大転子の出っ張りの改善方法について。姿勢とトレーニング!!

 

育乳

ナイトブラは本当に必要か☆育乳の為の知識⑦☆ナイトブラの利点と欠点

バスト用マッサージクリーム☆ピーチジョンのクリームがホントにオススメです!!

バストアップマッサージ動画☆ヴェレダのバスト用オイルのレビュー☆夏までにバストアップ!!

 

オススメ商品

完全食ベースパスタの調理法色々と、身体に良すぎるすいか糖の作り方。ダイエットに一番いい糖分です。

青汁のダイエットと健康効果♪青汁を飲むタイミングや種類について

タンパク質をしっかり摂るトレーニーさんへ♪口腔ケアはしてますか?口臭の原因はタンパク質

 

一番人気でオススメ↓

まつ毛が伸びる!目元のマッサージで浮腫みなし、シワ無しの目元に!!オススメの目元クリーム♪

 

痩せ飯nosh

最強のダイエット食!!美味しく満足、保存もきいてチンするだけで食べられる便利なダイエットご飯!nosh!!

 

便秘さんに

便秘をどうにかしたい!!黒モリモリスリムのレビュー♪どれくらい効くの?成分は?

 

 

 

カロリーで頭がいっぱいの人は、

とにかくカロリー重視。

商品の栄養表示を見ては、

これなら大丈夫と変に納得しているのではないでしょうか。

 

食事はほとんど食べない状態でスイーツ食べちゃったり、

何かとバランスが取れていない人もいます。

 

 

基準は身体に良いかどうか

 

カロリーではなく、これで選んでほしいです。

 

カップヌードル353kcal

白米100g、焼き鮭1匹、野菜と豆腐の味噌汁で350kcal

 

どちらが健康かは分かると思います。

どちらが痩せるかも考えなくても分かると思います。

 

 

難しい事を考えなくても

見て健康的か、痩せる食材かは一目瞭然。

分かりにくかったら

こっちの方が健康的か?の2択で選んでも良いです。

 

細かなことを言うと、

炭水化物、脂質、タンパク質は和定食の方が優れていますし、

添加物や含まれる水分量においても和定食の方が優秀なので、便秘にもなりにくい。

 

 

コンビニでも

から揚げ君

こういった鶏団子雑炊などのダイエットに役立つメニュー

 

これでも分かりやすいですよね!

欲望のままにから揚げ君を買うなら

こういったメニューを選んでも良いと思います。

 

 

この食事を選択していく積み重ねがダイエットには必要。

 

 

タンパク質沢山

炭水化物控えめ

脂質ちょっと

野菜いっぱい

海藻も忘れずに。

NOSHはこちら

分かりやすいのでこちらはNoshの写真。

しっかり食べることが必要。

けれど、気を付けて食事を準備すると

カロリーは上がりません。

 

カロリーが低いけど、これだけあればお腹いっぱい!!

これ全部で600kcalないくらいです。

これにオヤツ200kcalを付けて全部で800kcal

わ―お腹いっぱい!満足!というメニューになります。

お昼お腹いっぱいになったから、夜は少しひかえよう。

そう思える食事。

 

 

お肉や魚は

茹でるだけが良いか。

揚げる方が良いか。

 

どちらが痩せるか、健康的か。

 

 

私は揚げ物をダイエットし始めてからあまり食べていません。

揚げ物は2週間に一回くらいを目安にと指導しています。

食べていいのは1カ月に2回だけ。

 

ラーメンやパスタなど、

炭水化物に偏りすぎる物も同じような頻度で。

 

夕食に家族が好きだからから揚げを良く作る。

そんな声も聞こえますが、

自分は揚げずに焼けばいいのです。

一緒に同じ物を食べる必要はない。

 

外食に行く頻度も高いなら、

その外食のメニューを欲望に任せて選ばないで

よく吟味すればいいのです。

 

でもでも、だって~と言わないのが成功の秘訣。

 

 

けれど、これらが絶対ダメなのではなく

私は外食の頻度が高くないので

外食をする時は好きな物を食べます。

その他普通の日に調整します。

 

何事も程度の問題。

 

そして、自分の身体を理解して調整できるかで

どれくらい食べてもいいか判断するのもいいでしょう。

 

食事の選び方に慣れたら

身体に染みついたら

もう悩まずに選べます。

 

過去投稿でタンパク質についてなどは書いたことがあるので

今日は感覚で選ぶなら、という事について書いてみました。

女性は数字が苦手です。

私も含めてそういう生物です。

なので、ややこしい事が苦手な女性は

こういった「どちらが身体に良い?」で選んでみてください♪

下に栄養素について書いた過去記事を貼っておきます

<関連記事>

ダイエットにタンパク質は必要?タンパク質の働き。プロテインやアミノ酸などについて。

糖質の必要性。糖質を我慢できない、痩せないとお悩みのあなたへ。

カロリーの裏側。あなたが見ているそのカロリー、実は身体の中で変わるんです!

- Advertisement -

Leave A Reply

Your email address will not be published.