お腹いっぱい食べて痩せられる体質を作る!!効率よくダイエットするには!

カロリーを気にせずダイエット!!

6,039

 

食べたら太る
いつもカロリー計算をしてしまう
いつまでダイエットを続けるか不安に感じる。

今日はそんなダイエッターに読んでいただきたいブログ!!

 

 

<過去記事>(私のダイエットまとめ)
ダイエット
私の今までのダイエットをまとめました♪
細くなりたい!綺麗になりたい!トレーニングとボディメイクについて!!
空腹睡眠ダイエットのススメ♪睡眠時間を活用して痩せる方法!
体重が増える原因は2つある。それは脂肪にならないかもしれない!痩せる為の体重管理方法
ちょこちょこ食べる方が痩せる?まとめて食べる方が痩せる?

育乳
ナイトブラは本当に必要か☆育乳の為の知識⑦☆ナイトブラの利点と欠点
バスト用マッサージクリーム☆ピーチジョンのクリームがホントにオススメです!!
バストアップマッサージ動画☆ヴェレダのバスト用オイルのレビュー☆夏までにバストアップ!!

一番人気でオススメ↓
まつ毛が伸びる!目元のマッサージで浮腫みなし、シワ無しの目元に!!オススメの目元クリーム♪

痩せ飯nosh
最強のダイエット食!!美味しく満足、保存もきいてチンするだけで食べられる便利なダイエットご飯!nosh!!

無添加・無糖のプロテインコーヒー
プロテインの大革命!!普段飲みできるカフェテイン!!!!!

便秘さんに
便秘をどうにかしたい!!黒モリモリスリムのレビュー♪どれくらい効くの?成分は?


 

 

ダイエットといえばカロリー計算。

これは必要なことです。

 

けれど、カロリーばかりを見すぎてしまっている人。

 

手っ取り早くカロリーを少なくしていくと痩せられます。

1,2か月は頑張れるでしょう。

けれど、どこかで体重が落ちなくなる。

そして

カロリーをずーーーーっと減らし続けることはできなくて

ストレスがたまって暴食したり、外食などでいつもよりたくさん食べて体重が増える。

 

こうなると、どれだけ何をしても痩せない。

どんな方法をとっても痩せない。

何をしていいかわからない。

 

そうなっていきます。

 

解決方法は一つ。

 

食べないで痩せるダイエット。

その逆をすること。

すなわち、、、食べる!!

 

 

1日の消費カロリーは

70%が基礎代謝になります。

基礎代謝とは・基礎代謝を上げる方法☆何をすることが効果的なのか

 

基礎代謝とは寝ていても消費されるカロリーのこと。

50%が筋肉で

残りの50%は内臓の機能になっています。

 

この50%の筋肉の機能を低下させずに維持するのに必要なのが

カロリー。

そして、50%の内臓の機能を活発にさせるために必要なのが

カロリー。

 

食べること!!

 

食べないという選択肢は

痩せられない体を作るということ。

 

 

食べないで体重が減る。

最初に思うように減るから楽しくなっていきますが、

ここで減っているのは

水分、そして筋肉。

 

全然痩せなくなる、少し食べたら太る。

はっきり言いましょう

それは基礎代謝が下がっているということ!!

それでも食べないを続ける。

どこかでストレス食べをする。

同じことを繰り返す。

これでは痩せられない。

 

 

これでわかると思うのですが、

このままではダメです。

同じことを毎日繰り返して痩せるはずがない。

 

食べることで痩せる身体を作るしか道はない!

 

 

ちなみに、私の一日の摂取カロリー。

それ自体は、ダイエット前の太っていた時より多いです。

カロリーをやみくもに減らす=ダイエットではないのです。

ただ、食べるルールを決めながら生活を作りました。

なので、ダイエットは辛いものではないし、

食べることで痩せる身体が作られればリバウンドは無い。

もちろん生活が乱れればリバウンドはしますけどね。

 

 

食べて痩せるには

 

①水分の摂取を考える。

 

水分でお腹を膨らますというわけではないです。

ダイエットといえば水分!水分を食前に飲んでお腹を膨らまして

摂取カロリーを抑える!!と考えている人がいますが、そうじゃない。

 

体内の水分量はダイエット、ボディメイクには不可欠です。

代謝を上げるにも体の中の水分量はある程度必要。

 

体内の水分は体を正常に動かすための全ての媒体になります。

脂肪燃焼、筋肉を増やす、女性ホルモンを正常に働かせるetc…

 

体の中の水分が少なくなるほど、

この動きが起きなくなっていきます。

脂肪燃焼しない、筋肉増えない、女性ホルモンがうまく伝達されず整理が止まる。

 

水分摂取は

体重×50cc

私だったら2ℓは必要です。

そのうちの最低半分は昼食を食べ終わるまでに飲みたい。

体温が上がる14時~15時に体に水分が回っていることで

上手く代謝が働くので、午前の水分摂取は大事です。

水分を摂る時間が取れない人は、なるべく食事でお味噌汁などを飲むようにするのもポイント。

 

水分はコーヒーなどカフェインはNG!

カフェインは利尿作用が強すぎて体から水分が過剰に出てしまいます。

なるべくノンカフェインの飲み物を。

今なら麦茶なんかいいですね♪

その他、ハト麦茶、ルイボスティー、ハーブティなどがオススメ。

 

 

②タンパク質の摂取を考える

ダイエットといえばタンパク質。

なぜタンパク質が痩せるのかはこちらを↓

カロリーの裏側。あなたが見ているそのカロリー、実は身体の中で変わるんです!

 

だからと言ってタンパク質ばかり食べていてはダメですが、

重要になるのがタンパク質のメイン料理。

 

タンパク質って、お腹いっぱい食べたいときに最適です。

カロリーに関してもそうですが、

実際の重さとしてもメイン料理はしっかり重いので、

胃に質量を感じて満腹感が得られます。

 

 

③炭水化物、脂質、野菜類も食べる

栄養素が偏ると太ります。

満遍なく食べると痩せます。

満遍なく食べようと思うと大変ですよ!!

量的にもいっぱい食べないといけなくなります(‘ω’)ノ

 

炭水化物、脂質、タンパク質。

ちゃんと全部食べることで満足感が得られます。

けれど、その比率。

・タンパク質いっぱい、

・炭水化物ほどほど

・脂質は少し

・野菜沢山

・海藻、キノコも忘れずに

こんな感じです。

 

 

④食べる時間に気を付ける

私はおやつまとめ食べを推奨しています。

昼食後におやつをデザートとして食べちゃう!

 

朝も朝食後に基本おやつを食べます。

 

通常の日は、お昼のデザート以降は甘いものは食べない。

(飲む日は別ね(笑))

お昼に食べて夜までの間空腹を感じで3時のおやつ食べちゃう人。

もったいないんですよね~!!!

 

食後4時間以降が体は脂肪分解モードになります。

そこで3時のおやつ食べちゃったら脂肪は分解されない。

 

あえて空腹の時間を作ることで、自然と脂肪燃焼時間を作ります。

 

仕事が終わったからって帰りにスタバでフラペチーノ買ったりはもちろんダメだけど、

口さみしいからって、ずーっと飴を食べたりガムを噛んだり。

良かれと思っている空腹を紛らわす行為が脂肪燃焼を邪魔したり。

 

お昼にしっかり栄養を入れて、体が動くようにし、

夜まで空腹の時間を作ることで私はダイエット前よりカロリーを大幅にとっても痩せるようになりました。

 

そこから今度は夜の食事もタンパク質を入れつつ

少なめに。

私は夜トレ派なので、18時に軽く夕食を食べ21時以降からトレーニングを開始します。

するとトレーニング時にも効率よく体は動き、脂肪も燃焼。

という感じですね(*^-^*)

 

 

これが私が考える食べ痩せ!

GW中で調整が難しいかもしれませんが、

GW明けから頑張れるよう、知識だけ今のうちに入れておいてくださいね♪

<関連記事>

ダイエット中のカロリー目安・自分はどれくらいカロリーをとればいいのかの計算式

摂取カロリーを健康的に減らす方法!食べられないストレスとはさようなら!

- Advertisement -

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.