痩せない原因はこの栄養不足かも!その④カルシウム カルシウムは体脂肪を減らす

体脂肪を減らす働きがあるカルシウム

0 3,242

 

今日はダイエットに必要な4つの栄養素

痩せない原因は実はこの栄養不足かも!その①鉄分不足

痩せない原因はこの栄養不足かも!その②ビタミン

痩せない原因はこの栄養不足かも!その③亜鉛

 

今日はその最後!!

カルシウムについて!!

 

<過去記事>(私のダイエットまとめ)

ダイエット

私の今までのダイエットをまとめました♪

細くなりたい!綺麗になりたい!トレーニングとボディメイクについて!!

空腹睡眠ダイエットのススメ♪睡眠時間を活用して痩せる方法!

体重が増える原因は2つある。それは脂肪にならないかもしれない!痩せる為の体重管理方法

ちょこちょこ食べる方が痩せる?まとめて食べる方が痩せる?

 

育乳

ナイトブラは本当に必要か☆育乳の為の知識⑦☆ナイトブラの利点と欠点

バスト用マッサージクリーム☆ピーチジョンのクリームがホントにオススメです!!

バストアップマッサージ動画☆ヴェレダのバスト用オイルのレビュー☆夏までにバストアップ!!

 

一番人気でオススメ↓

まつ毛が伸びる!目元のマッサージで浮腫みなし、シワ無しの目元に!!オススメの目元クリーム♪

 

痩せ飯nosh

最強のダイエット食!!美味しく満足、保存もきいてチンするだけで食べられる便利なダイエットご飯!nosh!!

 

無添加・無糖のプロテインコーヒー

プロテインの大革命!!普段飲みできるカフェテイン!!!!!

 

便秘さんに

便秘をどうにかしたい!!黒モリモリスリムのレビュー♪どれくらい効くの?成分は?

 

 

ここ3日

痩せるための栄養について書いています。

たんぱく質だけではない

ボディメイクに関する必要な栄養素。

パッと分かりやすい「足痩せ!!」

とか言う内容ではないからしょうがないけど、

最後まで見ていただくと、きっと自分の役に立つ内容だと思います(‘◇’)ゞ

 

明日のブログでは、今日までの内容を基に

実際の献立を考えてみますね♪

 

 

さて!!

今日は最後の栄養素

カルシウムについて

 

カルシウム=骨

という認識が皆さんには強いのではないかと思うのですが、

実は近年、このカルシウムがダイエットにも有効!との研究があります。

 

若い女性を対象にした研究では、

運動の有無にかかわらず、

カルシウムの摂取量が多い人ほど体重が減少したという結果が出ており

この研究では1日1600kcalを摂取している人が

毎日600mgのカルシウムを摂ると、

2年間で平均して勝手に0.75kg減量できるとされています。

 

2年でたった0.75kg?と思うかもしれませんが、

何もせずに牛乳を飲んだだけで減るという事。

これは、ちゃんとダイエットをしているなら、より有効に働くという事。

 

肥満男性に摂取エネルギーを減らしたダイエットをして経過を観察したところ、

カルシウム摂取量が多い人ほど減量効果が高かった。

という研究結果も出ています。

 

 

また違う方の研究でも、

女子学生を対象に行った実験で

毎日200ml以上の牛乳を摂取するグループと

それ以外の人を分けて4カ月間のダイエットを実施した結果

ダイエット開始から1カ月度に計測したところ、

牛乳を飲んでいるグループでは体重が落ちるスピードが早かった。

 

4カ月後に測定をしたら、どちらも体脂肪は減っていましたが、

牛乳を飲んでいなかったグループはマイナス0.4kgだったのに対して

牛乳を飲んでいたグループはマイナス1.2kg体脂肪が落ちていた。

 

そして、特に200mlより沢山飲んでいた人は平均して

体脂肪が2kg減っており、筋肉が1kg増えていたそうです。

 

今日から牛乳がぶ飲みしたくなったでしょ(笑)

 

 

乳製品には脂質が含まれているから、チーズも牛乳も摂らない人がいるかと思いますが、

この研究で、

牛乳を飲んでいる人、飲んでいない人との比較の中で

脂肪の摂取量に差が無い事も分かったそうです。

牛乳には脂肪酸が含まれているにもかかわらず、体重増の原因にはならない。

という事です。

 

 

なぜカルシウムで減量が期待できるかというと、、、

 

「カルシウム」には体重を調整する働きがあるかもしれない

という報告が、近年出てきています。

 

そして、カルシウム不足の人は、

カルシウム調節ホルモンの働きにより

体脂肪が増加してしまう。

という事も言われています。

 

かもしれない、というあいまいな事に関しては、

実はまだ明確な結論は出ていないのが現状ですが、

結果が出ていて、理論が確立されていない現状なので、

研究が現在進められています。

 

カルシウムパラドクス

というワードも出てきました。

食事から摂取するカルシウムが増えると

脂肪細胞の中のカルシウムは逆に低下する。

その結果、脂肪細胞内の脂肪が合成されにくくなり、

同時に脂肪が燃えやすくなる。との事です。

 

 

カルシウムの必要量

 

カルシウムの1日の摂取量は女性で

20代~40代  650mg

 

けれど、現代の日本人女性の摂取量は

20代     396mg

30~40代  439mg

 

くらいで、1日の摂取量からかなり不足していると言われています。

 

牛乳は太ると思って

プロテインを作る時も水だけで作ったりしていませんか?

もったいない!

ただカロリーだけの側面を見るより、

総合的に脂肪が付きにくくなったりするので

乳製品の摂取はしっかりしたいところ。

 

特にカルシウムを摂取するには乳製品が有効だと言われています。

小魚や野菜などの食品に含まれるカルシウムに比べて

牛乳に含まれるカルシウムは食品中で最も吸収されやすい

という事もポイント。

 

カルシウム単独ではなく、

乳製品に含まれる「ロイシン」「乳清タンパク質」といった

相乗効果がより良いそうです。

 

まだまだ不明な点も多いカルシウムですが、

カルシウムは骨の材料になる大切な栄養素。

毎日しっかりカルシウムを摂るのは良い事ですし、

体脂肪を減らしてくれるなら率先して摂りたいですよね♪

<関連記事>

改めて発酵食品のダイエット効果について考える☆どんなものが発酵食品なの??

便秘解消!!腹筋とストレスからみる便秘の根本的な解消法

Leave A Reply

Your email address will not be published.