糖質制限と脂質制限どっちが体重は減る!?ダイエットに生かすには?

糖質制限と脂質制限のメリットでメリットを理解する

5,699

今日はどっちが痩せるか気になる人も多いのではないかな?

と思う

糖質制限と資質制限

どっちが痩せやすか!!

というのを私なりに考えてみたいと思います(‘ω’)ノ

 


 

<過去記事>(私のダイエットまとめ)

ダイエット

私の今までのダイエットをまとめました♪

細くなりたい!綺麗になりたい!トレーニングとボディメイクについて!!

空腹睡眠ダイエットのススメ♪睡眠時間を活用して痩せる方法!

体重が増える原因は2つある。それは脂肪にならないかもしれない!痩せる為の体重管理方法

ちょこちょこ食べる方が痩せる?まとめて食べる方が痩せる?

 

育乳

ナイトブラは本当に必要か☆育乳の為の知識⑦☆ナイトブラの利点と欠点

バスト用マッサージクリーム☆ピーチジョンのクリームがホントにオススメです!!

バストアップマッサージ動画☆ヴェレダのバスト用オイルのレビュー☆夏までにバストアップ!!

 

一番人気でオススメ↓

まつ毛が伸びる!目元のマッサージで浮腫みなし、シワ無しの目元に!!オススメの目元クリーム♪

 

痩せ飯nosh

最強のダイエット食!!美味しく満足、保存もきいてチンするだけで食べられる便利なダイエットご飯!nosh!!

 

無添加・無糖のプロテインコーヒー

プロテインの大革命!!普段飲みできるカフェテイン!!!!!

 

便秘さんに

便秘をどうにかしたい!!黒モリモリスリムのレビュー♪どれくらい効くの?成分は?

 


では、

それぞれの特徴からまず考えてみましょう。

 

糖質制限

 

メリット

特徴は短期間で体重が減りやすい。

 

デメリット

・糖質が食べたくてしょうがない!

・筋肉が落ちやすい

・基礎代謝が低下する(糖質の代謝機能が低下するため)

 

 

ではメリットから

体重はあっという間に減ります。

ダイエットにおいては最高のメリットですよね!

だから糖質オフが流行って、挑戦する人が多い。

 

理由は、血糖値が上がりにくい食事だから。

炭水化物を摂らないことで血糖値を上げるインスリンというホルモンを抑えることができる。

インスリンは脂肪細胞を血中に送るので、炭水化物の量を減らせばそれが起こりにくくなる。

 

もう一つ身体から水分が抜ける。

糖質は体内に取り込まれると、その炭水化物量の3倍の水分と結びつきます。

なので、糖質制限すると体から水分が抜けて短期間で体重がたくさん減る。

 

 

 

糖質制限のデメリットとしては、

何よりコメが好きな人は制限するのがツライ!!!!

糖質を減らすと筋肉が減ります。

そして糖質を消化する機能も低下するので基礎代謝が低下。

糖質制限をすると、

・少しの水分を摂っただけで体重が増える

・飲み会などで少し食べすぎただけで大幅に体重が増える

この2つのせいで、糖質制限をしている人はリバウンドしやすい。

すごく気を張っていないといけません。

 

 

 

脂質制限

もう一つの脂質制限ダイエット。

こちらの利点は、

摂取カロリーをガツンと減らせる。

 

脂質はほかの栄養素の2倍のカロリーを持っています。

カロリーの裏側。あなたが見ているそのカロリー、実は身体の中で変わるんです!

↑こちらに詳しく書いています。

 

ということは、食べる量自体を変えなくても沢山食べたい場合は

脂質制限にすると今までとは量を変えなくてもカロリーを減らせるので痩せられます。

多分無理なくできることが多いし、挑戦しやすいのは糖質制限より脂質制限かな?

 

 

デメリット

もちろん脂質制限にもデメリットはあります。

脂質は脂肪を燃焼させるためには必要な栄養素。

完全にカットしてしまうと痩せにくくなります。

そして、あまりに減らしてしまうとホルモンの生成が減少。

基礎代謝が下がります。

 

こちらも

・食べていないのに何でか痩せない。

そんなことになってしまいます。

 

 

 

では、この2つの

糖質制限、脂質制限のダイエット。

私としてはストレスの少ない脂質制限をオススメしたいですが、

それぞれをうまく活用することが大事!!

 

糖質制限は、、、

糖質は体に必要な栄養素だということをしっかり覚えておく。

完全にカットしたりせず、適量は毎日摂ること。

↓こちらに糖質の量が書いてあります。

すでに代謝が悪くなった人の推奨量もあります!

痩せるために必要な炭水化物の量!!結局痩せるためには炭水化物って必要??

 

脂質制限は、、、

パサパサの胸肉ばかりを食べていてはダメ。

オリーブオイルなんかの良質な油大さじ1は摂って、

一色はメイン料理で魚とか食べられると良質な油が摂れますね。

ビタミンBが豊富な豚肉でもOK!

 

 

どちらのダイエットも効果が非常に早く出やすいです。

でも、やりすぎは要注意。

痩せなくなるし、もしリバウンドした時、次のダイエットで苦しむことになります。

性質を分かったうえで、

いきなり大幅に減らすのではなく、この特徴を生かして少しずつ減らすのが良いですね(*^-^*)

<関連記事>

ダイエット中のカロリー目安・自分はどれくらいカロリーをとればいいのかの計算式

摂取カロリーを健康的に減らす方法!食べられないストレスとはさようなら!

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.