豆乳からヨーグルトが作れる!ダイエットに嬉しい豆乳ヨーグルトのレシピと作り方☆お財布にも優しいです。

とっても簡単なヨーグルトの作り方。

4 1,825

今日はダイエット料理の日

 

豆乳から作るヨーグルトのレシピです♪

ヨーグルトがすっぱくて苦手な人、より健康やダイエット目的で食べたい人にオススメ!

豆乳ヨーグルトは牛乳より酸味がなくほんのり甘く仕上がります。

作れば買うより安上がり!!!!

 

<用意するもの>

・お好きな豆乳(調整豆乳でもOK)

・お好きなヨーグルト

・温度計

・漏斗(あれば)

・オーブンの発酵機能か発泡スチロールなど

 

<作り方>

①材料を準備

私はコストコの豆乳とパルテノで最近作ってます(*^^)v

いろいろ使いましたが、特にコストコの豆乳はコクがあり甘く仕上がります。

(紀文とR-1とかでも大丈夫!)

使う種類でヨーグルトの味が変わるので、いろいろ試してください。

豆乳から激うまのヨーグルトを作る

 

②使う器具を消毒

気にならない人はしなくて大丈夫です

豆乳から作るおいしいヨーグルト

 

③鍋に豆乳を入れて、40度まで温度を上げる。

(50度以上にすると乳酸菌が上手く働かない、死滅するので温度上げすぎない。

温度計は100均ダイソーにも売っています。)

パルテノから作るヨーグルト

 

④豆乳が温まったら、ヨーグルトに少し豆乳を入れて柔らかくし、鍋に全て入れる。

硬いまま入れるとうまく混ざりません。

パルテノで美味しい豆乳ヨーグルトを作る

 

⑤混ざったら豆乳の容器に戻しいれる。

(タッパなどに入れてもOK。洗い物が少なく衛生的、蓋が占められるので私はパックに戻し入れています。)

コストコの豆乳でヨーグルトを作る

 

⑥オーブンの発酵機能、40度でMAXの時間に設定して、一晩放置。

発酵機能がない場合、オーブンの中にボウルを入れて熱湯をたくさん入れ、放置でもOK。

発泡スチロールにペットボトルにお湯を入れて保温してもOK。

オーブンの発酵機能でヨーグルト作り

 

朝にはヨーグルトが完成しています♪

パックで作ったら、ホエイが最初は分離しているので軽く振ってからヨーグルトを出してください。

 

ヨーグルトは継いで作れますが、機能性ヨーグルトを使う場合、

2回までの継ぎがその菌の効果を継続できる限界だそうです。

私は衛生面からヨーグルトを継ぐことはしませんが、2,3回までなら継いで作ることが可能です♪

 

 

より手軽にヨーグルトを作りたい、

より清潔に作りたかったら、こんなヨーグルト作り用のパウダーを使うのもオススメ!


軽く豆乳をチンして人肌に温めて、パウダーを入れて振り、

同じように保温して1晩おけば完成します(*’▽’)

私も慣れるまで最初のヨーグルト作りは、こんなパウダーから作りました♪

作るのが不安な人はこれでチャレンジしてみてください(^^♪

↑のヨーグルトパウダーは定期便とかじゃなく、一回きりのお試しモニターになってます。

嬉しいお手頃価格

<人気記事>

今日の育乳記録☆ナイトブラでバストアップはできる!バストマッサージ用のオイルも買いました♪

朝の白湯が一日の代謝を決める☆痩せたいなら白湯とストレッチを習慣に

- Advertisement -

4 Comments
  1. 匿名 says

    ⑥オーブンの発酵機能、40度でMAXの時間に設定して、一晩放置。というのは、そのままオーブンの中で一晩放置ということですか?

    1. riri says

      その通りです(*^^*)
      ヨーグルトの発酵時間は長いので、6~8時間ほどはオーブンに入れておいてください。

  2. みゆ。 says

    同じ豆乳を持っているので、今度作りたいと思います!
    オーブンに入れる際は、豆乳を戻したパックのままということですか?
    普通にパックを置いて、スイッチを入れればいいのでしょうか??

    1. riri says

      ぜひ作ってみてください(*’▽’)
      その通りです!
      豆乳を戻したパックを置いてスイッチオンしてください♪

Leave A Reply

Your email address will not be published.